胃カメラを受ける患者様へ

胃カメラのご予約受付

胃カメラのご予約について

胃カメラのご予約はお電話で受け付けております。
お電話の際は下記の事項についてご確認の上ご予約をお願いいたします。

  • 口からの胃カメラか、鼻からの胃カメラか、どちらをご希望かお知らせください。
  • 鎮静剤(静脈麻酔)を使用して行う口からのカメラをご希望の場合はご相談ください。
    ※胃カメラの種類の選択については「胃カメラの方法~経鼻・経口・鎮静剤の選択について~」をご参照ください。
  • 胃がん検診とあわせて川崎市の特定健診を受けられる方は、特定健診の受診券をご用意ください。
    (最後に胃カメラを受けられた時期についてもお知らせください)
  • 企業健診として受けられる場合、仲介の健診事業者の書類をご用意ください。

胃カメラ準備

胃カメラ前日の準備について

  • 前日は消化の良い食事を少なめに、午後8時までに済ませてください。
  • 検査当日は、食事や服薬はせずに来院してください。
  • 検査前日の午後8時以降も水やお茶などの糖分を含まない水分は
    飲んでいただいて結構です。
     ただし、腹部エコー検査のある方は当日の水分も控えてください。
  • 胃部内視鏡検査の同意書についてご不明な点がある場合は当日看護師へお尋ね下さい。
  • 事前に問診票・同意書(記入済のもの)のご用意があると検査当日の受付がスムーズです。

※胃カメラ当日は予約時刻の10分前までに受け付けへお越し下さい。

胃カメラの方法~経鼻・経口・鎮静剤の選択について~

当院の胃カメラは患者様の希望やのどの反射の具合などに合わせて、お一人お一人に最善の方法でお受け頂けるように工夫しています。

1.経口内視鏡(口からの胃カメラ)

当院では通常口からの胃カメラを実施しております

準備
  • 1)胃をきれいにするお薬(消泡剤)を内服していただきます。
  • 2)のどの麻酔をします。麻酔のお薬を口に含み、喉のあたりに3分ほど溜めておきます。必要に応じて麻酔のスプレーを追加することもあります。
  • 3)胃カメラで食道、胃、十二指腸を観察します(5分程度で終了します)。
    胃カメラ中は検査中の画像をモニターで見ていただくことができます。
    病変があれば検査用に組織をとります。
    また、必要に応じてピロリ菌検査(血液検査)を追加することもあります。
    ※ピロリ菌についてはこちら
検査終了後
  • 検査後1時間は絶飲食です。
  • 組織検査をされた方の場合は1時間の絶食と、検査後2~3日間刺激物や激しい運動、長湯を禁止します。

2.経鼻内視鏡(鼻からのカメラ)

胃カメラのご予約時「鼻からの胃カメラ」とご希望された患者様でご用意しております。
また、口からの胃カメラによる嚥下反射が強い、または心配という患者様にも鼻からの胃カメラをお勧めすることがあります。

準備
  • 1)鼻腔を広げるためのお薬を鼻腔内に噴霧します。(20分ほどおきます)
    胃をきれいにするお薬(消泡剤)を飲みます。
  • 2)鼻腔から麻酔薬を注入後、あらかじめ鼻の通りをよくするためにカテーテルを入れておきます(5分程度)。カテーテルで十分に鼻腔内が拡張したら検査をはじめます。

経口挿入
経口挿入

内視鏡が舌のつけ根を通るため
不快や吐き気を感じやすい

経鼻挿入
経鼻挿入

内視鏡が舌のつけ根を通らず、
のどにも触れないので、
不快や吐き気を感じにくい

スコープの細さを鉛筆と比較

スコープが細く(5.4㎜ さぬきうどんより細い位です)、のどへの刺激も少ないため、非常に楽に受けて頂けます。

口からの胃カメラと鼻からの胃カメラのメリットデメリット
口からの胃カメラ 鼻からの胃カメラ OK
メリット
  • カメラの視野が広く病変が見つかった場合に細かく精密な観察ができる。
  • 上咽頭も観察できる
  • 前処置にかかる時間が短い(10分程度)
  • 鎮静剤を使わなくても嚥下反射(オエッとなる感じ)がほとんどなく苦痛が少ない
  • 胃カメラ中も会話(発声)ができる
デメリット
  • 嚥下反射(オエッとなる感じ)による苦痛が起こりやすい
  • 上咽頭が観察できない
  • 病変の細かい観察がしづらい
NG

3.鎮静剤を使用した口からの胃カメラ

嚥下反射や緊張が強く、口からの胃カメラが困難で、なおかつ“鼻腔が狭い”“鼻腔内に異物がある”などの理由で鼻からの内視鏡も難しい患者様の場合のみ、
胃カメラのご予約時にご相談いただいた上で鎮静剤(静脈麻酔)を使用して口から行う胃カメラをご用意しています。
※鎮静の程度は、喉の反射の状態や体格・年齢を加味しながら、適量を使用するよう安全に十分配慮して使用しています。
※検査終了後は30分程度ベッドに横になり異常がないかを経過観察し、その後お帰り頂きます。
※検査後は終日お車の運転をお控えください。

鎮静剤使用によるリスク、デメリット
  • 意識がなくなることがある
  • 血圧が下がることがある
  • 呼吸が弱くなることがある
  • 検査後しばらく休む必要がある
  • 検査当日の運転は禁止

ヘリコバクター・ピロリ菌について

(2019年3月30日の院長コラム「ピロリ菌はいませんか?」より抜粋)

“ピロリ菌とは胃の中にいるバイ菌で、幼少期に感染し、その後ずっと住み着いて、胃潰瘍や胃癌の原因になります。
一方、ピロリ菌に感染していない人が胃癌になることは、ほとんどありません。
1週間薬を服用できれば除菌でき、胃癌になるリスクを減らすことができます。”

ピロリ菌の検査は血液や尿など様々あります。当院では過去に一度も検査されたことがない患者様には胃カメラ時検査をおすすめする事もあります。ご検討下さい。

ネット予約はこちら

健康診断と予防接種は、ネット予約が出来ませんので、お手数をお掛けいたしますが、必ずお電話(044-955-7231)にてご予約いただけます様お願い申し上げます。

医師紹介
新百合ヶ丘龍クリニック

新百合ヶ丘 龍クリニック

神奈川県川崎市麻生区古沢7
TEL:044-955-7231
FAX:044-953-3709

各種カード・電子マネーでのお支払いが可能になりました

クレジットカード例

その他電子マネー・交通系IC電子マネーもご利用頂けます